投資の元手を得る手段を探していて知ったのが不動産担保ローン!

担保となる不動産を失うリスクを考える

老後資金を大きく増やすために投資を行いたい投資の元手となる資金作りに不動産担保ローンを利用する担保となる不動産を失うリスクを考える不動産担保ローンで生活が楽になりました

しかし、担保にするということは、失敗すると失ってしまうリスクが存在します。
そのため、妻の了承を得る必要があることに気付き、まだ前途多難であると感じて落ち込みました。
しかし、不動産担保ローンを利用したいと聞いた妻の反応は意外なものだったのです。
失っても一向に構わないと言うのでこちらは驚きを隠せません。
利用価値が低いくせに固定資産税を支払い続けている状況なので、ずいぶん前から処分したいと考えていたそうです。
老後を迎える前に何とかするべき事案の一つだと見なしており、それを有効活用できるなら妻としても賛成というスタンスでした。
とはいえ、自分としてはやはり失いたくないのも事実であり、本当に担保にするかどうかは慎重に検討しなければなりません。
同じように用途を限定されにくいローンとしてカードローンが挙げられます。
そちらにしようかとも考えましたが、借入額の上限が不動産担保ローンと比べてかなり低いことがネックです。
カードローンのほうがすぐにお金を借りられますが、そこまで急を要するわけでもないのでそのメリットは自分には関係ありません。
したがって、投資の元手を得るには、やはり不動産担保ローンしか選択肢がない状況といえます。
不動産を失うリスクをよく検討したうえで、基本的には申し込む方向で最終的な判断を行うつもりです。